カードローンの申込みに必須の審査

カードローンに申込んだなら必ずあるのが審査です。

 

なぜ必ずあるのかといえば、金融会社もビジネスでやっているわけですから、返済の滞納などがあっては困ります。

 

いくらそれまで優良な顧客であっても、一度滞納が起きて融資が焦げ付けば、それまでの利益など一瞬で相殺されてしまうでしょう。

そのため、融資しても大丈夫かどうかを判断するわけです。

 

主に見るのは返済能力で、返済する能力があると判断される必要があります。

総量規制を正しく知りましょう

まずカードローンの審査に通過するためには、総量規制について正しい知識を身につけましょう。

 

総量規制とは、個人の借入を年収の3分の1までと規制するものです。

 

もし、すでに年収の3分の1まで借り入れをしていたとしたら、どんなに申し込んでも無駄に終わってしまいます。

 

ですが、この総量規制には多くの例外があることをご存知でしょうか。

 

家やマンション、医療費などのためのローンは例外となります。

 

また、専業主婦であっても、配偶者と合算して年収の3分の1までであれば借入ができます。

 

それに、銀行はこの総量規制の対象外となっているのです。

支払いの滞納に気をつけましょう

カードローンの審査では、まず始めに個人信用情報が照会されます。

 

これによって何がチェックされるかといえば、支払いの遅延はないか延滞履歴はないかをチェックされるのです。

 

もし、これから申込むつもりなら、返済の延滞などを起こさないように気をつけましょう。

 

支払いの遅延はなにもローンだけでなく、割賦販売で買ったものはすべて対象となります。

 

最近は、スマートフォンを分割払いで購入したにも関わらず、毎月の支払いを通信費と間違い延滞を続けてしまう方が多く問題となっています。

正しい知識で乗り切りましょう

カードローンに申込むのであれば、総量規制のことを正しく理解し、自分はどこなら申し込めるのか考えてみてみましょう。

 

もし、延滞をしたことがあるのなら、その記録が消えるまで待つことも必要です。

 

また、年収の3分の1まで借入があったとしても、銀行などは規制の対象外となっていますから一度申込んでみる価値があります。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
このページの先頭へ戻る