利息制限法と多重債務者

利息制限法と多重債務者

借入をしているからと言ってその借入先が1社とは限りません。

 

中には複数の消費者金融から借入している人も多くいます。

 

2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前までは、その消費者金融はほとんどが利息制限法の金利上限を守っておらず、多重債務者には重荷となっていました。

利息は支払期間が長くなればなるほど大きくなります。

 

利息制限法を守らないのは信販やサラ金だけではありませんでした。

 

銀行系のカード会社も同様だったのです。

 

大手銀行がバックボーンにいるから安心感を得る人が多かったのですが、その実情はどのカード会社も決して利息制限法を守ってなどいなかったのです。

 

多重債務者のほとんどはこうした金融会社から金利の高い借入をしていました。

 

そして支払えなくなると他の企業から借りて返す、それを繰り返してしまっていたのです。

 

そして行き着く先の多くは自己破産です。

 

ですがその前に過払い請求できないか確認してみてください。

 

多重債務者のほとんどが過払い請求すると、今の苦しみから解放されます。

 

支払期間が長くなるほど金利も大きくなりますから、元金に当てても残り、手元に戻ることも多いのです。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
このページの先頭へ戻る