カードローンに審査に甘いところはあるのか

審査を経ずに利用することができるカードローンなどありません。

 

落ちたくないという方は、まず情報を収集することから始めましょう。

 

審査基準などは公開されていませんから、基準を知ることは関係者でなければできないことです。

まずチェックしておきたいのが、それぞれの金融会社の申請要件です。

 

申請要件は公式サイトの申し込みページなどに掲載されていますから、申し込みをする前に公式サイトをよくチェックすれば、申込みにはどのような申請要件をクリアしなければならないのかがすぐにわかります。

自分の状況と申請要件

申請要件は公表されているわけですから、まずその申請要件と自分の条件を照らし合わせてみてください。

 

年齢や収入、職業など、申請要件を満たしていれば、落とされる確率は低くなります。

 

もちろん、申請要件を満たしていたとしても、審査に通過するかどうかはまだわかりません。

 

ですが、申請要件を満たしていなければ、申込んだとしても100%落とされるわけですから無駄なことをせずに済みます。

 

よく厳しいところと甘いところがあると言われていますが、それはあまり信じない方がいいです。

 

金融会社もビジネスとしてカードローンを提供しているわけですから甘いわけがありません。

 

むしろ、厳しいところのほうが安心して利用することができます。

正確な情報を書く

申込書や申込フォームに記入する情報は、正確な情報を書くようにしましょう。

 

曖昧なまま記入してしまいますと、曖昧な情報として申込者の信用を傷つけてしまうこともあります。

 

勤務年数や他社からの借入金額など、記憶があやふやになってしまっている場合もありますが、しっかりと確認してから記入するようにしましょう。

 

申込書の書き方などは公式サイトなどに掲載されていますから、それをよく見て書き込むようにしてください。

仮審査

金融会社の公式サイトには、3秒診断など仮審査ができるコンテンツもあります。

 

あくまで仮ですが短時間で結果がわかりますから、気になる方は利用してみてください。

 

それで、大丈夫であれば安心して申込むことができるのではないでしょうか。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
このページの先頭へ戻る