利息制限法と上限金利記事一覧

dummy

利息制限法では利息の金利の上限が決められていますが、数年前までこの金利を守る企業はまずありませんでした。ヤミ金などは例外ですが、世間一般的にも大企業といわれる貸金業者の金利は高かったのです。

dummy

利息制限法のことを知ったときに、今返済している消費者金融の金利がそれ以上だったとした場合、返してもらう方法はあるのでしょうか。まず、個人的に消費者金融と対峙しても、よほどのことがない限りうまくは行きません。ですから最初から専門家に任せるべきでしょう。

dummy

過払い請求は利息制限法に定められた金利の上限以上の金利を設定し、それを支払っている、もしくは支払っていた場合請求出来ますが、金利の高い金融業者に限られます。またサラ金、信販会社などのローンで、利息制限法の金利を守らない場合にも請求は可能です。

dummy

借入をしているからと言ってその借入先が1社とは限りません。中には複数の消費者金融から借入している人も多くいます。2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前までは、その消費者金融はほとんどが利息制限法の金利上限を守っておらず、多重債務者には重荷となっていました。

dummy

利息というのは中々計算も面倒くさいものです。分かりづらいというのもありますが、そのために利息制限法に定められている上限金利以上の金利を支払っていることが多数ありました。

dummy

2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前まで、利息制限法の金利の上限を超えて貸し出している企業は多くありました。これは法律に違反していることになりますが、当時、利息制限法には罰則がありませんでした。

dummy

貸金業法及び出資法改正前までは、消費者金融の多くでは、利息制限法に定められた金利の上限を守っていませんでした。出資法の金利(改正前は29.2%)の上限を超えないようにだけ気をつけていたのです。本来、利息制限法の金利を超えた場合には支払い義務はありません。

dummy

利息制限法はお金を借りる時に適用されるもので、元金による差はあるものの上限で20パーセントと定められています。この利息制限法が正しく守られていたとすれば、今現在の過払い金という問題は生じていなかったでしょう。本来この利息制限法により定められている上限金利よりも高い金利は無効であるため、返済の義務はありません。

dummy

借金をした時は、当たり前ですが返済します。ほぼ全ての状況において利息が付くため、返済期間が伸びれば返済額も増えてしまいますので、計画的に借金返済をしていく事が求められます。定期的に借金を返済できている期間は良いのですが、何らかの事情により難しくなる事もあるでしょう。そんな時は忘れたフリをしたところで、借金は減るどころか利息で増えてしまうので別の方法を考えます。ご存知の方も多いと思われますが、自己破...

このページの先頭へ戻る