利息制限法にのっとった利息計算

利息というのは中々計算も面倒くさいものです。

 

分かりづらいというのもありますが、そのために利息制限法に定められている上限金利以上の金利を支払っていることが多数ありました。

出資法の改定まで、利息制限法を守っている消費者金融は皆無と言ってもいいほどでした。

 

多くの消費者金融は出資法で定められた上限金利29.2%に近い金利をとっていたのです。

 

テレビCMなどに出てくるような大手企業も同じでした。

 

ではなぜ守らないのかというと、利息制限法には罰則がなかったためです。

 

グレーゾーン金利という利息制限法と出資法の間の金利で運営している業者がほとんどという状態でした。

 

悪質な業者をはじめ、グレーゾーン金利を採用している業者にも、利息制限法を適用してもらうのが最善です。

 

インターネットでは、利息制限法に順ずる利息計算ソフトがダウンロードできます。

 

このソフトは同じように過払い金の計算もしてくれますから、訴訟の際にも役立つのです。

 

訴訟は弁護士などを頼るとして、過払い請求に関する資料もこれがあれば作成可能です。

 

過払いした金額を元本の返済に充てるための計算もできますから、一度利用してみるといいでしょう。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
このページの先頭へ戻る