消費者金融は何回で返済できるのか?

消費者金融からお金を借りると、それぞれの業者ごと、借入商品ごとに最長返済期間が決まっています。

 

その範囲を超えなければ、自分の返済能力と相談しながら返済期間を決めることができます。

 

返済期間を長くすれば、毎月の返済額が少なくなるので生活には余裕が出ますが、その代わり返済期間が長くなっていつまでたってもなかなか完済できないということになりかねません。

また、返済では元金返済に加えて利息返済も行うので、完済までに支払う金額の総額は、返済期間が長くなればなるほど多くなってしまいます。

 

消費者金融からお金を借りた場合、最もお得に返済するのは、短期間でさっと完済してしまう方法です。

 

例えばお給料日前に生活費が足りなくなってしまったとか、あと数日間の食費を借りたい、なんて場合には、少額を借りて給料日に借りた分を完済してしまえば、支払う利息も少なくて済みます。

消費者金融の中には、無利息期間キャンペーンがついていて、借りてから一定期間なら利息がまったく付かないというお得なキャンペーンを利用して借りる方法もあります。

 

多くの場合、この無利息期間キャンペーンは初回の借り入れに限定されていますが、消費者金融によっては毎月もしくは隔月で無利息期間を楽しめる借り入れ商品もあるので、定期的に借りるかもしれないという人なら、そうした商品を選ぶと良いでしょう。

 

ちなみに、この無利息期間キャンペーン内に完済した場合には、利息が一切つかず、実質金利0%で借りたということになります。

 

消費者金融の返済期間を決める場合、毎月の返済がいくらになるのかをしっかり把握することが大切です。

 

そのためには、自分の収入がいくらあって住居費や光熱費にいくらかかっていて、返済にいくらの余裕があるのかを計算しなければいけません。

 

返済能力を超えた借り入れは、遅かれ早かれ多重債務者になるリスクを高くしてしまいますし、毎日の生活を圧迫することで精神的なストレスも大きくなってしまいます。注意しましょう。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
このページの先頭へ戻る