審査ってなんだろう

金融機関にカードローンを申し込むと、審査を受ける事になります。

 

これによってその人にお金を貸しても良いかを金融機関側は調べるのですが、申し込みをした所によってその基準の厳しさ等が違う事もあるので注意しましょう。

基本的には銀行系の方が消費者金融系に比べると厳しめです。

 

またそれに要する時間も金融機関によって違うので、できるだけ短く行ってもらいたいと思う人はスピード融資をうたっている所を選びましょう。

総量規制と金融機関

総量規制とは、個人の借入の合計が年収の3分の1までとする物です。

 

例えば年収が300万円の人であれば、100万円までは借りる事ができます。

 

ただこれは1社当たりの額ではなく、複数の金融機関合計となるので注意しましょう。

 

住宅ローン・マイカーローン等は対象外となる事も知っておくべきです。

 

ただこれは消費者金融系に関係する物で、銀行系には関係しません。

 

無収入の人等は消費者金融では基本的に借り入れができませんが、銀行系では融資を受ける事ができる場合もあるので、審査は銀行系で受けましょう。

他社借入件数と審査

日本の法律には、金融機関からは何社までしか借入する事はできないという決まりはありません。

 

だから原則的には何社からも借入をする事はできます。

 

しかし、実際には借りすぎている場合は審査に影響する事もあるので注意しましょう。

 

特に大手と呼ばれている所は、4社を超えてしまうのは危険です。

 

沢山借りている人は、新規借り入れではなく、今ある借金を返済する事を最初に始めましょう。

収入が多い人と審査

お金が必要となる人は、収入が少ない人だけではありません。

 

沢山収入がある人も、カードローンを利用する事ができます。

 

ただ、収入が沢山あれば審査にも通りやすいと思われがちですが、実は決してそうとは言い切れません。

 

審査の時のポイントは、その人が返してくれるかどうかという事です。

 

だから沢山収入があったとしても、過去に滞納していた事がある人などは融資が受けられない事もあるので注意しましょう。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
このページの先頭へ戻る