消費者金融の審査とは

消費者金融の審査とは

消費者金融からお金を借りる場合には、申し込みをすると審査が行われます。

 

申し込めば誰でも借りられるというわけではありません。

 

審査というプロセスは、金融機関が「この人にお金を貸しても本当に返してくれるのだろうか」と申込者の信用をチェックするためのもので、消費者金融だけでなく銀行でも借入の申し込みをすれば審査が行われますし、クレジットカードの申し込みをしても行われるもので、避けて通ることはできません。

こうした金融機関の審査では、金融機関ごとに独自の審査基準が設けられているので、審査の厳しさは金融機関によって異なります。

 

そのため、A社の審査には落ちたけれどB社からは借りられた、ということは珍しくありません。

 

消費者金融の場合、銀行と比べると審査基準は比較的緩いことが多いので、銀行の借り入れに申し込んでも審査落ちしてしまうという人でも消費者金融なら借りられたということも多いようです。

返済能力とは?

消費者金融の審査では、主にその人の返済能力が調べられます。

 

具体的には、正社員かパートなのか、それとも自営業なのかという雇用形態がチェックされますし、年収や勤続年数も審査基準となります。

 

年収は高い方がまとまった金額を借りやすくなりますが、年収が高くても勤続年数が短ければ審査落ちする可能性が高くなるので注意しましょう。

 

お金を借りることと転職することを同時に考えている人は、まずお金を借りたうえで転職をするのがおすすめです。

 

転職した直後では、どんなに大企業の役職についたとしても、勤続年数が短くなってお金は借りにくくなってしまいます。

 

消費者金融の借り入れでも、少額を借りる場合や、カードローンやキャッシングなどの商品では、基本的に保証人は必要ありませんし、担保を入れる必要もありません。

 

まとまった金額を借りる場合で、業者が信用に難ありと判断した場合には保証人や担保を要求されることもあるようですが、少額の場合にはそうしたものは必要ないので安心してください。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
このページの先頭へ戻る