キャッシングとカードローンはどう違うか

お金を借りる方法として手軽に利用されているのがキャッシングですが、カードローンという方法もあります。

 

両者とも借り入れ申請をして、審査にパスして初めて利用できることは同じですが、細かく見ると違いがあります。

利用目的によっては使い分けたほうが良いこともあるので、違いを確認しておきましょう。

キャッシングについて

キャッシングにはクレジットカードもしくはキャッシングカードが必要です。

 

銀行や消費者金融が発行していますが、利用する金融機関ごとにカードを作る必要があります。

 

利用するにはそれぞれの機関に申請をしますが、利用条件に合っていなければ審査にパスすことはできません。

 

基本的には多額の借金がないことと定収入があることが条件となっていて、インターネット経由で申請ができる消費者金融も多いです。

 

収入を得ている手段は正社員が望ましいですが、アルバイトでもパートでも大丈夫です。

 

カードが取得できれば、後はそれぞれの金融機関の窓口、銀行のATMもしくはキャッシュディスペンサーから借り入れができるシステムになっています。

 

利用できる金額は一般的に上限は50万円となっています。

 

ただ、返済方法は一括が原則です。

 

分割返済も可能ですが金利が高いので少額の借り入れ金でも返済額が多くなるので注意が必要です。

カードローンについて

対してカードローンというのは基本的には大きな額の買い物をする時に利用する方法と考えてよいでしょう。

 

キャッシングと同様に利用したい銀行や金融機関に借り入れの申請をして審査にパスする必要がありますが、大口の場合にはインターネットではなく金融機関の窓口での手続きとなります。

 

現金の出し入れはキャッシングと同様にカードを利用して行えますが、支払いの手段として利用することが多いので、分割もしくはリボ払い引き落としをするのが一般的です。

 

まとまったお金が用意できれば一括返済もできます。

 

キャッシングよりは金利は低く設定されていますが、長期支払いになると負担が大きくなります。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
このページの先頭へ戻る