キャッシングするとブラックリストに載る?

結論から言えばブラックリストというものは実際にはありません。

 

キャッシング、クレジットカード、ローンなどを利用した場合、金融機関が加入している信用情報に取引の内容が記載されます。

 

これはブラックリストとは別物で、予定通りに返済もしくは完済すれば問題はないので、個人の信用に傷がつくようなことはありません。

ただし、金融機関のどれかからキャッシングをするなどして、返済の滞り・返済不能といった状況になった時に、信用情報に事故と記載されます。

 

この事故情報の記載を俗にブラックリストと呼んでいるだけのことです。

 

返済不能者ばかりのを集めたリストは存在しませんし、金融機関や市場にこの情報が流出するということもありません。

 

ただし、事故情報は新規のキャッシングの申請審査の参考として金融機関には利用されます。

 

信用情報には全ての金融機関を利用した取引履歴記載がされます。

信用情報機関の役割

日本に3つの信用情報機関があり、カードローン、クレジットカードを発行している金融機関、キャッシングをしている消費者金融はいずれか、もしくは複数の機関に加盟しています。

 

正期の金融機関は必ず加盟しているので、顧客の返済状況を確認することができるようになっています。

 

まず、カードの利用申請をすると申し込みをしたことが記載されます。

 

その他、利用先、氏名などの個人情報、申込日、利用する金融の種類も記録されます。

 

この情報は最長で6ヶ月間残ります。

 

さらに、カードやキャッシングなどを利用した場合には、利用日やキャッシング・購入商品などの情報が記載されます。

 

完済後もこの利用履歴は残り、カードなどを解約後約5年が過ぎれば情報は全て削除されます。

 

返済が少しでも遅れれば事故と記載され、その記録は最長で5年間は残るので、新規のキャッシングやクレジットカードの申請が難しくなるので注意が必要です。

 

しかし、何度キャッシングをしても契約通りに返済をして完済ができていれば、事故の記載はされません。

 

いわゆるブラックリストとして残ることはないので安心して利用できます。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
このページの先頭へ戻る