カードローンの種類と特徴を知っておこう

カードローンは、急に現金が必要になったときに役立つ便利な現金融資サービスです。

 

この現金融資サービスは、銀行系と消費者金融が行っているのですが、それぞれに特徴があり、使い勝手も、少し違っています。

また、契約の際に行われる審査の基準も違っています。

 

銀行と消費者金融、それぞれの特徴を知っておくことは、サービスを選ぶ際に、とても重要なのです。

消費者金融のカードローンの特徴

まず、消費者金融が行っているカードローンは、キャッシングとも呼ばれています。

 

このサービスの特徴として挙げられるのが、契約スピードの速さです。

 

多くの大手消費者金融では、申し込み当日にサービスの利用が開始できる、即日融資を実現しています。

 

また、審査の基準は、安定した収入を得ていることを条件としていているので、勤続年数や年収、会社の属性などは大きく審査に影響しません。

 

消費者金融のサービスは、その名の通り消費者が利用しやすいものになっているのです。

銀行系カードローンの特徴

消費者金融のサービスに対し、銀行の取り扱うカードローンは、審査がやや厳しいという特徴があります。

 

勤続年数や会社の規模、年収といった要素を基準にして利用の可否が決定される場合が多いのです。

 

しかし、その分低金利で高額な融資を受けられるという特徴も持っています。

 

この特徴によって、少額融資を低金利で受けたり、低金利で高額な商品の個人売買に利用することができます。

 

また、消費者金融と違って、貸金業法の総量規制の対象とならないのも、銀行系カードローンの大きな特徴です。

 

この特徴により、消費者金融の借金を一本化するのに役立てやすいのです。

使い道とライフスタイルに合わせて選ぶ

消費者金融と銀行系、どちらのカードローンを契約しても、損をすることはありません。

 

両者共に、コンビニエンスストアのATMで融資を受けたり、借りたお金を返済することができるものが増えていますし、インターネットを通じて、口座に直接お金を振り込んでもらえるものもあります。

 

どれくらいの頻度で、どのような目的で使用するのか、自分のライフスタイルに便利に活用できるものを探すことが肝要です。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
このページの先頭へ戻る