賢く便利に使おう、介護用品レンタル

人は年を取っていくもので、年齢と共に歩きづらくなったり、または脳梗塞などの後遺症から半身不随となったり、人の手を借りて生活することになるケースがあります。

 

介護をすることは受ける本人も大変ですが支えている家族も大変なものです。

自宅で介護をする場合にあると便利なのが、高さが調整できるベッドや車椅子また簡易トイレなどの介護用品です。

 

体の負担にならないよう、また安全を第一に考えられた介護用品は購入するとかなり高額ですが、介護保険を使うことでかなり安くレンタルすることができ、多くの人たちが利用しています。

 

頭の高さ、足の高さまたベッドから降りやすく設定された病院ベッド、外出するときに必要となる車椅子、また歩行器に簡易トイレとさまざまなものがあり、老人だけでなく体が不自由な人たちにとってとても助けになるものばかりです。

介護用品をレンタルするメリット

介護用品をレンタルするメリットはこれから掛かるかもしれない治療費のために資金を節約できる、ベッドや電動自動車など壊れやすいものでもいつでもメンテナンスを無料で受けられる、また使わなくなったときに引き取ってもらえることで、収納のことを心配することもありません。

 

また毎月のレンタル料金は必要経費として損金計上ができるため、資産計上の事務処理をする必要がないといったことがあげられます。

 

気になるレンタル料金のほうは、病院ベッドの場合介護保険を使うことで千円台で借りることが可能です。

 

ただし介護申請を行い要支援または要介護の認定を受けることが不可欠となります。

 

介護保険を使わなくても1ヶ月1万円ほどで借りることができ、納品や引取りに関しては基本的に無料ですが、設置に特別な作業が必要な場合別途料金が掛かることが出てきます。

 

レンタル期間は1ヶ月単位、介護保険を使うと通常の料金の1割で利用できることになります。

 

介護用品レンタルは必要に迫られて借りる人も、ケースワーカーに勧められて使う人もいます。

 

必要ないと躊躇しないで、思い切って借りて、その便利さを知ることで楽しく介護が出来るようになるといわれています。