座り姿勢を楽にして猫背矯正

長時間パソコンに向かってデスクワークしている人の中には、座っている時に猫背の状態になっている人も多いでしょう。

 

もしデスクワークをしていて、普段座っている時に猫背になっているのなら、座り姿勢の見直しをしてみることです。

 

 

座る時、椅子に何も敷いていない人も多いでしょう。

 

この時腰当てを使用するだけでも、正しい姿勢でデスクワークができるようになります。

 

体の負担も軽減され、長時間連続で座り作業をしていても疲れを感じにくくなります。

 

腰当てですが、特別なものを用意する必要はありません。

 

腰といすの背もたれの間にちょっとした隙間がありませんか?

 

そこに普通のクッションを挟むだけでもOKです。

 

専用クッションもあることはありますが、身近になければ普通のクッションで構いません。

 

またタオルを使って腰と背もたれの隙間を埋めても問題ありません。

 

タオルの場合であればバスタオルサイズくらいの、大きめのサイズを用意しましょう。

 

端からくるくる丸めで棒状にするとか、折りたたんで自分の体にフィットする形状を試行錯誤してみましょう。

 

薄い座布団を使っても問題ありません。

 

専用のクッションを使う際には、お店などで実際にその感触を確かめて購入しましょう。

 

商品によってクッションの厚みや硬さが異なります。

 

人によって背骨のカーブの形状は微妙に異なりますから、自分にジャストフィットするものを探すのがオススメです。

 

他に座っている時に注意したいのは、浅く腰掛けずに、座面の奥深く腰掛けることを意識しましょう。

 

パソコンを使った作業の場合、どうしても画面に顔を近づけがちになります。

 

知らず知らずのうちに浅く腰掛けている人もいますから注意しないといけません。

 

そのほかには、椅子の高さにも意識を払うことが大事です。

 

椅子の皆さんに合った高さですが、座った時に両足が完全に床についている状態が好ましいです。

 

つま先立ちとか足が浮いてしまっているのであれば、高さの調節を行いましょう。

TOPへ