猫背矯正

デスクワークをしながら肩甲骨ストレッチで猫背対策

肩の前後に動かすと、背中上部の筋肉の血流を改善させることができます。

 

肩甲骨の周辺をストレッチするのは、猫背改善の他にも今はまだ大丈夫な人も猫背予防として有効です。

 

以下で紹介するストレッチ法ですが、立った状態でも座った状態でも実践できます。

 

仕事がひと段落したときに、ちょっと肩甲骨のストレッチをしてみませんか?

 

座っている時にストレッチをするのなら、腰を丸めすぎないように座りましょう。

 

この時あまり状態を後ろに持っていきすぎて、腰が反ったような感じになると腰にかかる負担が大きくなって、腰痛の原因になりかねません。ほどほどの姿勢にしておきましょう。

 

背筋のピンと伸びた、きれいな姿勢をイメージしてみましょう。

 

この時も無理にきれいな姿勢になろうとして、力みすぎるのは良くありません。

 

背筋をぴんと伸ばす一方で、程よくリラックスすることも大事です。

 

そして両肘を背中の後ろに持っていきます。

 

そして両肘が真ん中で合わさるように、両腕を動かしましょう。

 

この時無理してくっつける必要はありません。

 

「これ以上行くと痛いな」というのであれば、合わせることができなくても構いません。

 

両肘を背中の後ろで合わせると、肩甲骨がぎゅっと近づいているような感触はありませんか?

 

この状態で、5秒くらいキープしましょう。5秒キープするのはつらいというのなら、背中の上部の筋肉が凝っていて、硬く強張っている可能性があります。

 

その場合には3秒くらいで緩めてもらっても構いません。

 

今度は肩甲骨を伸ばす運動をします。

 

両腕を体の真下の方向に伸ばしていきましょう。

 

そうすると先ほどの動きとは逆で、肩甲骨が左右で広がっていくような感触があるはずです。

 

いずれの動きも急に行うと痛みを感じるでしょうから、ゆっくりとどこまでが自分の限界かを確かめるような感じで動かしましょう。

 

仕事の合間など少しの時間を利用して、1日に何度もこまめに行うことが大事です。

 

続けると肩甲骨周辺の筋肉がほぐれ、きれいな姿勢を自然と作れるようになるでしょう。