猫背対策にお腹のストレッチを導入

現代人の猫背の理由を見てみると、パソコンやスマホの画面を長時間見ていることが原因のケースが多いです。

 

パソコンやスマホを長時間凝視していると、どうしても体が前のめりのような格好になってしまいます。

 

結果、背中が丸まってしまって猫背の状態になるわけです。

 

 

そこで猫背対策として、背中の筋肉をストレッチしてほぐすことが大事です。

 

デスクワークなどで長時間背中を丸めることが多いと自覚のある人は、お腹の筋肉を伸ばすストレッチを日常生活に取り入れましょう。

 

お腹の筋肉を伸ばすことで、上半身を起こしやすくもなります。

 

お腹のストレッチの方法ですが、まずうつ伏せに床に寝ましょう。

 

脚は肩幅くらいに広げた状態で横になります。

 

そして腕立て伏せをやるような感じで、両手を床につけましょう。

 

そして両腕を突っ張るような感じで、床から上半身を起こしていきます。

 

この時両足は床にくっつけたままで構いません。

 

そしてできるだけ上半身を上の方に引っ張り上げてみましょう。

 

そうすると腹筋のところがひっぱられて、伸びている感触があるはずです。

 

痛みの出ない範囲で腹筋を伸ばして、マックスのところで20〜30秒くらいその体勢をキープしましょう。

 

このお腹のストレッチをすることで、背中も反ったような形になるはずです。

 

猫背の方の背中は普段丸まっていることが多いですから、逆の動きをすることで背中の筋肉をほぐすこともできるわけです。

 

このストレッチをする時のポイントですが、目線があります。

 

体を起こしたときに天井に視線を持っていくように意識しましょう。

 

そうすれば、腹筋はさらに伸びますし、背中の反りも向上します。

 

また序半身を起こすときには、肩に力みが加わらないようにリラックスさせることも重要です。

 

このストレッチですが1日2回を目標に毎日続けましょう。

 

腹筋や背筋をほぐすことができ、本来の美しい姿勢に矯正することもできるかもしれません。

 

自宅に帰ってきてからのちょっとした自由時間にできるストレッチのはずです。

TOPへ