幼児教育が必要な理由とは

幼児教育が必要な理由

近年は、幼児期から習い事をさせる家庭が増えてきました。

 

しかし、遊び盛の子どもに習い事をさせるのは抵抗があるという方も少なくないでしょう。

 

そう考えると、『本当に幼児教育は必要なのか?』と疑問に感じている方もいらっしゃると思います。

 


適切な幼児教育が教育の効果を最大限に高める

ことわざに『三つ子の魂百まで』という言葉があります。

 

これは『3~4歳までに習い事をさせることで将来に役立つ能力がつく』という意味があります。

 

実際に、ノーベル経済学賞のヘックマン教授はこのように発言しています。

 

『3~4歳の時期に適切な教育を受けずに育った子供は、教育投資の効果が小さくなってしまいます』。

 

資料:ベネッセ教育総合研究所

 

そのため、学習意欲を高めることが難しくなってしまう、と。

 

そう考えると、この時期に教育をはじめることで、将来にも役立ち、学ぶ力もつくようになるのでしょう。

幼児教育で大切なこと

ただ、幼児教育の内容も大きく関係していますから、勉強させれば良いというわけではありません。

 

むしろ、幼児教育で大切なことは、文字の読み書きよりもコミュニケーション能力になります。

 

そして、さまざまな点から考える力を身につけることが重要になるといわれています。

 

つい、勉強というと文字の読み書きを重視しがちですが、これは親が満足するだけで、子どもは満足できずその能力も小学校を入学する前には消滅してしまうといわれています。

幼児教育でコミュニケーション能力と考える力を伸ばす

一方でコミュニケーション能力が高く考える力がある子どもは、将来的にも役に立ちます。

 

文字の読み書きは学業の上で自然と学んでいきますから、幼児教育の内容を考えている方は、ぜひコミュニケーション能力と考える力を伸ばしてあげましょう。

 

そのためには、幼児期からいろんなことに興味を持たせ、チャレンジさせていくことが大切です。

 

『あれはダメ、これはダメ』と親が子どもを抑えつけてしまうと、せっかくの能力も伸びなくなってしまいます。