幼稚園受験

幼稚園受験の種類

幼稚園受験の種類

幼稚園を受験する家庭は珍しくない時代です。

 

小学校のお受験と同じようにお父さん・お母さん・お子さんが一緒に頑張るお受験です。

 


受験を考える幼稚園はどこですか

将来少しでも良いレベルで教育を受けさせたい、良い学校に行かせたいなど様々な理由で受験を考えていることでしょう。

 

近くにある幼稚園と違って、受験が行われる幼稚園の形態は2つあります。

 

一つは小学校や中学校、高校、大学までなど、系列の学校がある「附属幼稚園」です。

 

幼稚園だけでなく、上の学校があるので「エスカレーター式で進学出来る」ため、幼稚園受験を考える人の多くが希望します。

 

幼稚園の場合は、年少クラスから受験を開始することが出来るので、不合格でも翌年受験することが可能です。

 

このため数回受験ができるので合格する確率も高くなります。

 

受験を行っている幼稚園の種類は、女の子のみの幼稚園や、幼稚園では共学で上の学校になると別学の学校の幼稚園があります。

 

また大学まで系列学校はあっても、エスカレーター式ではない幼稚園もあります。

 

進みたい附属幼稚園の特性を確認しておきましょう。

将来の受験を考える幼稚園とは

もう一つは、私立幼稚園で上の学校のない単独幼稚園です。

 

今すぐに受験に合格する目的ではなく、幼稚園で受験のノウハウを理解して小学校、中学校受験に備える人もいます。

 

上の学校がある付属幼稚園と違って、教育への意識が高いなど独自の特性がある幼稚園です。

 

多くは私立幼稚園ですが、子どもの将来を考えて入園を希望する家庭が増えています。

 

幼稚園は子どもにとって初めての小さな社会です。

 

集団生活を通して人との関わりや躾、教育を学んで行ける場所です。

 

独自の教育理念を持った私立幼稚園で、子どもの能力がどんどん開花していくならば通わせたいですね。

子どもの将来と今も考えて選ぼう

実際に通園するのは親ではなく子どもです。

 

親が、将来を考えて通わせたいと思っても、子どもの性格に合わなければ、受験が無駄になります。

 

まだ物心がついたばかりの年齢。

 

子どもの性格に合う、合わないと判断するのは難しいことですが、家族でよく話し合って決めることが大切ですね。