子ども英会話、小学生のレッスン内容は?

子ども英会話、小学生のレッスン内容は?

未就学の子どもと違って小学生になった途端、言葉の理解力も高まってきます。

 

小学生の英会話教室のレッスンはどのようなものでしょうか。

 

通わせるかどうか、悩んでいるご家庭もレッスン内容は一番知りたい情報ですよね。

 


小学生の英会話レッスン内容

小学校1年生の場合、1学期は言葉を中心に覚えるレッスンが続き、2学期に入るとテキストを使って会話することを覚えさせ、3学期には応用的な会話が出来るようになることを目指します。

 

学習方法も10数人で学習するクラスから少数人数のクラスまで、子どもの適応する環境で英語力をアップさせられる、最も良い時期です。

 

自発的に英語を学ぶことに意欲が湧いてくるようなら、先生と話して更なる向上を望んでも良いかもしれません。

 

3年生頃になれば、英語を英語のまま理解できるようになり、単語も1000語程度学習しています。

 

文法も選びながら話せるようになる、日本語のように自由に表現が出来るようになることを目標にレッスンが行われます。

小学校でも必修化スタート

2011年から小学校5、6年生には年間35時間の英語授業がスタートしています。

 

しかし、2020年度からは正式教科になり、さらに英語が必要な時代に突入してきました。

 

高学年に限らず、3、4年生も英語教育実施の補助教材が検討されており、いよいよ英語が必修化されていることがわかります。

 

小学生を対象にした英会話教室では、現在でも自分で考える英語力や人前で発表できる英語力を養っています。

グローバル化がすぐそこまで来ている

さらに資格を見据えた学習カリキュラムを目指す子どもたちも増えてきました。

 

大手企業ではTOEICの高得点が求められており、総合的な英語力の習得、成果を出せるように指導しています。

 

高学年で初めて英会話教室に入学してきた子どもでも、そのレベルに合わせた学習を用意しており、一人一人のレベルに応じた教材を用意しているので安心です。

 

自宅での学習も大切で、自宅でも一人で学習出来るように教材も用意されています。

 

グローバル化がすぐそこまで来ているため、英会話を避けて通れる時代ではなくなってきました。