幼稚園受験

幼稚園受験までの準備

幼稚園受験までの準備

幼稚園の受験は子どもを通して、お父さん・お母さんの受験と言っても過言ではないでしょう。

 

どういう家庭環境なのか、親子関係など、子どもと親をテストしていると言われます。

 

将来を決める初めての一歩。

 

親子で合格までの準備をしていきましょう。

 


幼稚園受験は親子で準備

そもそも幼稚園受験で、幼稚園側が基準としているものは何でしょうか?

 

それにはいくつかの共通ポイントがあります。

 

まず一つが「その園をどれだけ理解しているのか」ということです。

 

幼稚園の教育方針や園風、宗教系の幼稚園では宗教系についても調べておく方が良いでしょう。

 

また「年齢に応じた知能・体力」も見られます。

 

協調性や理解力、自立心、コミュニケーション能力も、常日頃から訓練しておくべきでしょう。

お互いに学んでいく

親が幼稚園受験に向けてやるべきことは、早めの準備と情報収集です。

 

どの幼稚園に行かせるのか、夫婦で子どもの将来を話し合って決めましょう。

 

受験では礼儀作法や社会的行動が出来るかなども問われます。

 

夫婦が役割を分担して教育していきましょう。

 

子どもに教えることは、子どもを通して親も学んでいるのです。

 

幼稚園受験に焦るばかりに、教育しているつもりが強制や叱っていることになっていませんか。

 

イライラする気持ちは子どもにストレートに伝わります。

 

試験でも幼稚園側は、そういった部分を見ています。

 

受験に必死になりすぎて、行かせたい目的を忘れていませんか。

 

受験に不合格でも将来が決まったわけではありません。

 

「受かればラッキー」と思える気持ちの余裕も大切です。

受験に向けて心掛けたいこと

幼児教室に通わせているから大丈夫、と人任せにしていては無理があります。

 

家での習慣が問われるのが幼稚園受験です。

 

具体的な例として、衣服を着たり脱いだりさせる・脱いだ衣服をたたませる。

 

汚れた衣服は脱衣所に持って行かせるなど、生活の中で年齢に応じた自立をさせましょう。

 

人の話を聞かせることも大切です。

 

落ち着きがない態度を取らせない、目を見て相手の話を聞かせる、挨拶や感謝、お詫びの言葉が言えることも重要です。

 

そして親離れ出来ることも重要なポイントです。

 

焦らず頑張りましょう。