フレッツ光で選べるプロバイダ

フレッツ光をはじめとするブロードバンドサービスは、家でインターネットを楽しむために欠かせないものです。

 

スマートフォンがあれば、この回線を利用したインターネットも可能ではありますが幾つか制限があるため安定的に利用するならフレッツ光は有力候補の一つです。

 

スポンサードリンク

 

特に意識しなくても、通常はフレッツ光へ加入すればインターネットを利用できる用になりますが細かい事を言うと別の要素も必要とされます。

 

インターネット接続をする上で忘れてはならないのが、フレッツ光のプロバイダの存在です。

 

実際にインターネットへの入り口となっているのはプロバイダの方で、フレッツ光はその中間に位置します。

 

そのためフレッツ光とは契約したけどプロバイダとはしてない、という状況は通常起こりません。

 

フレッツ光と契約する時に、ほぼ間違いなくプロバイダとの契約も済ませます。

 

契約をしないという状況は、今まで使っていたプロバイダを継続して利用する時でしょう。

 

もし細かい話が分からなくても、フレッツ光と契約するのであれば必ず説明を受けるので心配は無用です。

 

フレッツ光のプロバイダとメールアドレスの関係

どれを選んでも同じ、という事はなくそれぞれに特色が出ています。

 

今まで利用していたプロバイダをフレッツ光加入後も引き続き利用するという状況は、メールアドレスの存在が大きいでしょう。

 

今となってはWebメールが普及して、それほど重要に感じないかもしれません。

 

しかしプロバイダから与えられるメールアドレスはパソコンのメールソフトから開ける利点があるので、フレッツ光を利用する際には検討したいポイントです。

 

メールアドレスを新しくすれば、当然それを知らせる作業が出てきます。

 

ブロードバンドサービスはフレッツ光に変えてもプロバイダは引き続き、という背景には様々な思惑があるのです。

 

フレッツ光だけでインターネットを楽しめるのではなく、プロバイダとセットとなる事で初めて利用できるようになります。

 

普段それほど意識する事はありませんが、覚えておいても良いでしょう。

 

ただ、必ずしも両者が別々に独立しているとは限らずフレッツ光とは別のところになりますがプロバイダと一体になっている業者があります。

 

少なからずプロバイダを意識する機会のあるフレッツ光とは異なり、完全に一つの契約でインターネット回線が開けるのです。

 

こう見ると一体型の方が便利そうですが、フレッツ光にはプロバイダを同じままで回線の乗り換えが出来るという利点があります。