ネット選挙がいよいよ解禁

衆院政治倫理・公選法特別委員会で公職選挙法改正案が全会一致で可決したそうです。これは、インターネットを使った選挙運動ができるようになるものだそうで、いよいよ日本の選挙もネットが使われることになりそうです。

 

総務省|インターネット選挙運動の解禁に関する情報

 

 

少し、遅すぎる気もしますが、こうした動きには大賛成です。いまやネットはほとんどの国民が利用しているでしょうし、何より若い世代が政治に関心を持ったり、情報を得たりするようになるのはとても大切なことだと思います。そして、現実にはすでに多くの政治家がブログやツイッターなどを使って主張を訴えたり、有権者と対話したりしているので大きな混乱は起きないのではないかと思います。

 

しかし、もちろん問題が起こる可能性もあるでしょう。現在は成りすましや誹謗中傷などが懸念されているそうですが、これは確かに今も似た様な問題があるので起こり得ることだと思います。しかし、問題が起こることを恐れて何もしないのが日本の政治の悪いところでもあるので、どんどんやってみて、問題が起こればその都度修正をしていけばいいと思います。

 

ネット選挙がいよいよ解禁関連ページ

インターネットで生活が便利になった
インターネットで生活が便利になった
ネットは生活の一部
ネットは生活の一部
インターネットの検索と語彙
インターネットの検索と語彙
インターネットで行動が変わった
インターネットで行動が変わった
youtubeでゲームが主人公のアニメを見るのが大好きな子ども
youtubeでゲームが主人公のアニメを見るのが大好きな子ども
インターネット動画共有サービス
インターネット動画共有サービス
ネットで何でも調べられる時代
ネットで何でも調べられる時代
インターネットの功罪について
インターネットの功罪について
学生にオススメのインターネット回線
学生にオススメのインターネット回線
インターネットは子育ての味方
インターネットは子育ての味方
インターネットを使って何ができるのか
インターネットを使って何ができるのか
インターネットは内向きか?
インターネットの登場によって、外出や直接のコミュニケーションが減ったと物知り顔の社会学者は述べますが、それは間違いです。