ネットで何でも調べられる時代

私は現在30代後半ですが、インターネットが一般的になったのは大学生から社会人になるころだったと思います。

 

大学生の頃に自宅のパソコンがインターネットに接続できるようになったのですが、当時はまだ電話の線と切り替えてパソコンを使っていたので、

 

「今からパソコン使うからー!電話使う用事ない?」

 

と確認してから使っていました。

 

 

とはいえまだ当時は今ほどインターネットで調べると何でも分かるという時代でもなかったですし、大学で論文を書くのに何か調べるにはやはり図書館で文献を読んで、という流れでした。

 

その後インターネットが急速に普及し何でも調べられるようになった今なら、きっとネットでオルビスのキャンペーンも簡単に調べられるんだろうな、と思いながらも、図書館で苦労しながら文献を探してコピーを取って論文を作っていた時代も良かったな、と思ったりもします。

 

インターネットは便利ですが、全てをネットで調べようとはせずやはり本や自分の目で確かめることも大事ではないかと思います。

 

ネットで何でも調べられる時代関連ページ

インターネットで生活が便利になった
インターネットで生活が便利になった
ネットは生活の一部
ネットは生活の一部
インターネットの検索と語彙
インターネットの検索と語彙
インターネットで行動が変わった
インターネットで行動が変わった
ネット選挙がいよいよ解禁
ネット選挙がいよいよ解禁
youtubeでゲームが主人公のアニメを見るのが大好きな子ども
youtubeでゲームが主人公のアニメを見るのが大好きな子ども
インターネット動画共有サービス
インターネット動画共有サービス
インターネットの功罪について
インターネットの功罪について
学生にオススメのインターネット回線
学生にオススメのインターネット回線
インターネットは子育ての味方
インターネットは子育ての味方
インターネットを使って何ができるのか
インターネットを使って何ができるのか
インターネットは内向きか?
インターネットの登場によって、外出や直接のコミュニケーションが減ったと物知り顔の社会学者は述べますが、それは間違いです。