フレッツ光の申し込みから契約

フレッツ光と言えば、誰もが知っている通信会社NTTの提供するブロードバンドサービスです。

 

住んでいる地域によって、管轄がNTT東日本と西日本に分かれるので注意しましょう。

 

特に、中部地方は曖昧になりやすいのでフレッツ光を申し込む前に確認しておきたいです。

 

スポンサードリンク

 

別のサービスでの区分けは東だったのに、フレッツ光では西に振り分けられている可能性もあります。

 

フレッツ光は光ファイバーを用いた高速通信が可能とされます。

 

ただしフレッツ光に申し込みをして契約すれば使い放題、という訳ではなく細かなプランや別途プロバイダが必要となるので注意しましょう。

 

フレッツ光とだけでなくプロバイダとも契約しなければならず、と聞くと面倒に思われるかもしれません。

 

実際には、申し込みからの流れでプロバイダも決めてしまう事が多いでしょう。

 

ただし、当然ながらそれぞれに特色があって同じフレッツ光に申し込んだとしても受けるサービスに違いが出る事があります。

 

純粋な意味でのサービスとは少し異なりますが、気になる話はやはり料金でしょう。

 

フレッツ光の場合は、プロバイダが云々よりも住んでいる環境に大きく左右される可能性があります。

 

フレッツ光の料金システム

いざ契約となった時に、一円でも安いプランを要求したいと思うのは当然の心理です。

 

しかしフレッツ光は光回線ですから、その特性によって魅力的なプランがあっても要求できない事があります。

 

少し具体的に見てみると、知人に聞いて安いと判断してフレッツ光に申し込んだのに聞いていた料金よりも1000円以上高かったという状況があります。

 

人間関係に影響を与えそうな話ですが特定の契約者だけ優遇しているわけではなく、フレッツ光を含む光通信というシステムにカラクリがあるようです。

 

フレッツ光をはじめとするブロードバンドサービスを利用するためには、専用の回線を引く必要があります。

 

戸建てだろうと集合住宅だろうとこれは同じなのですが、フレッツ光のような光回線には分配できる能力があるのです。

 

つまり、マンションのように一つ回線を引いて多くの契約者が見込めるケースではフレッツ光の料金が戸建てと比べて安くなります。

 

ただしこれは完全なメリットとは言えず、フレッツ光であっても思うような速度が出ない事もあるので申し込む前に確認しておきましょう。

 

基本的には、フレッツ光としての契約内容が安く済めば済むほど回線としての安定性は失われていくと言えます。

 

もちろん、その集合住宅の状況によるため一概には言えません。